メイクで目を大きくみせる 

スポンサードリンク

<一重の人のメイク法>

kagami.jpg一重でできるだけ目を大きく見せたいけど、メイク法がいまいちわからない。

どうしたらきれいに目を大きく見せられるの?と思っている人も多いはず。

本屋さんになるメイク雑誌やファッション雑誌に載っているのメイク法は、二重の子がほとんど。

そこで一重さん向けのメイク法を紹介します。

一重さんのアイメイクのポイントは、アイラインとまつげがポイントです。

<アイメイク>

一重まぶただと、アイラインをせっかくひいても、かくれてしまって見えにくい。

そんなお悩みを抱えている人は多いですよね。そんな人には芯が柔らくて太めのアイライナーを目の際にすこし太めに引いてぼかしてあげましょう。

こうすることで目を開いたときにもすこし見える程度になるでしょう。このとき、見えないからといって目の際から離してラインを引いてはいけません。
まばたきしたときに離れているアイラインが見えてしまうからです。目尻側が少し太くなるようにすると目が大きく見えますよ。

アイラインの引き方は、どんな目元にしたいかですこし違ってきます。
色は、黒がすこしきついなと感じた場合はブラウン系にしてみるなど、いろいろためしてみてください。


◇黒目を大きく見せたい人は、アイラインを引くときに黒目の上をすこし太めに、黒目の下にもすこしだけ短いラインを引くと黒目が大きく見えます。下にラインを引くときはパンダ目にならないように気をつけて、目の下目頭部分にハイライトのパステルのパールカラーをもってくるとパッチリ見えます。


◇可愛らしいたれ目に見せたい場合は、目の下の、黒目の中央から目尻にかけてアイラインをひきます。

◇一重まぶたで切れ長な目の人は、横幅を強調して涼しげな猫目を作る方法もあります。この場合は、目尻をまぶたをすこし持ち上げて猫目になるようにすこし切りあがったアイラインを入れます。不自然にならないように気をつけながら、ぼかして完成です。

またアイラインを引かなくても、アイシャドウのグラデーションのみでメイクするのも良いです。
一重の人は、明るい色を避けていることが多いですが、ピンク系など明るい色のアイシャドウの同系色2色使いは目をすっきりぱっちり見せてくれるのでおすすめです。


アイホールにうすめのピンク系シャドウを載せ、目のキワには、濃いピンク系かブラウン系のアイシャドウをアイラインのように引きます。そして、ナチュラルになるように指でぼかします。

目の下にも、ハイライトとしてうすいピンク系のシャドウをのせて、目頭もすこし明るいパールの入った色をのせるとハイライト効果でパッチリ見えるでしょう。

ピンク系やオレンジ、ブラウンなどは目元が優しい雰囲気になるのでおすすめです。

ピンク系アイシャドウグラデ + きれいにカールされた濃いまつげ できれいな目元の出来上がりです。


スポンサードリンク

<まつげがポイント>

meiku.jpg一重や奥二重のメイク法の場合、まつげも重要ポイントです。

きれいにカールしたまつげは目元をきれいに縁取ってくれます。

まつげが下を向いている人は特にビューラーでしっかりカールをつけてあげましょう。しっかりカールをつけてあげると目ヂカラがアップします。

まつげを傷めないように、まつげ専用の美容液などでまつげを保護してあげるほうが良いでしょう。

また、自分でカールするのが苦手な人は、サロンなどで受けられるまつげパーマもおすすめです。

ただ、まつげパーマはある程度期間がたつととれてしまうものなので、カールをずっとキープしたいなら、定期的にする必要があります。

まつげがしっかりカールされたら、マスカラをつけていきます。ダマにならないように気をつけて塗っていきましょう。
最近は、カール力を維持してくれるマスカラもでているのでそういうものをつかっても良いですね。


あとは、つけまつげを使う方法もあります。

つけまつげは、目の際が押されて、目が大きく見えるので一重や奥二重さんの利用者が多いよう。

つけまつげをカットして、目尻側だけつけてみたり、つけまつげの芯だけをつかって、目を大きくすることだけにつかっている人もいます。

つけまつげはつけてみると、けっこう印象が変わりますので一度試してみても面白いかもしれません。ナチュラルに付けられるように練習してみてくださいね。


<自分に合ったメイクを探そう>

一重さんのためのメイクをいろいろ紹介しましたが、人の顔は一人ひとり違います。

ぜひいろいろ試して、自分に似合うメイク法を探してみてください。

猫目にしてみたい。黒目を大きくみせたい。もともとの切れ長の目を生かして、横幅を広くするようにアイラインをすっとひいてみる。

あなただけのキレイな目の形がきっとあります。

自分の顔は鏡でみるので正面から、しかもすましている顔を見ることがほとんどですが、他人は、いろんな角度からあなたを見ます。

メイクも3面鏡で見てみたり、拡大鏡でおかしいところはないかチェックしたりするのは大切なこと。

あとは、普段の表情に気をつけてみましょう。

横顔、目を伏せている顔、読書している顔、いきいきとした笑顔。

毎日あなただけの生き生きした表情でいてください。

きっと今までよりキレイな人になれるはずです。^^